1967年シリーズ切手

1967年シリーズ切手 色検知導入後



このシリーズも発行から50年が過ぎました。
未使用の切手では、プレミアが付く切手は少ないですが、
初期の使用例では、オークションの落札金額が5000円を超える
切手が出て来ています。

150円、青の鳳凰切手。
櫛形の満月印。
この切手の状態の良い使用済みは少ないのです。

ローラー印や別納郵便の使用例はありますが、評価は低めです。
封書15円時代の切手ですが、
後に、20円、30円、40円、50円は
基本料金になったので、消印のバラエティーは豊かです。








1円 前島密
3円 ホトトギス
5円 コブハクチョウ
7円 金魚
12円 カブトムシ
15円 キク
20円 フジ
30円 中尊寺金色堂
40円 日光東照宮陽明門
50円 弥勒菩薩像
55円 マリモ
65円 はにわの馬
70円 能面
80円 ヤマドリ
90円 風神
100円 タンチョウズル
150円 平等院鳳凰堂の棟飾りの鳳凰
500円 金剛力士像

⇒切手 買取プレミアム

昭和42年から46年に発行された、新動植物国宝切手。
封書15円時代の切手です。

はがき料金は7円の時代で、
昭和47年に封書20円に変わるまでに発行された切手です。


55円マリモ ローラー印

55円マリモ ローラー印  相川51年1月29日田型ブロック   新動植物国宝切手☆1967年シリーズ 4枚の額面合計は220円。 それより安い落札金額ですが・・・ ありきたりなローラー印ですが、 綺麗な

50円中宮寺半跏思惟像 和欧文機械印

50円中宮寺半跏思惟像 和欧文機械印 新宿76年2月25日和欧文機械印 封書料金が76年1月25日に50円に改正されています。 同じ日に、緑色の刷色の50円切手が発行されています。 使用済みの状態は良いですが、 封書使用の

200円はにわの兵士 和欧文機械印

200円はにわの兵士 和欧文機械印 赤坂76年の和欧文機械印 白の200円はにわの兵士は、 1974年11月11日発行。 1972年6月10日発行の赤の音声菩薩。 1976年1月25日発行の赤のはにわの兵士。 この2つの20

65円はにわの馬 東京中央和欧文機械印

65円はにわの馬 東京中央和欧文機械印 1967年7月20日発行のはにわの馬65円切手。 刷色が明るい茶に変わっています。 東京中央郵便局の和欧文機械印。 20倍近い、プレミア切手になりました。 唐草機械印の落札代金が10

150円鳳凰 山口・平野 櫛形印 

150円鳳凰 山口・平野 櫛形印  新動植物国宝切手☆1967年シリーズ 昭和47年の櫛形印 プレミア価格で落札されました。 落札代金は、5450円。 額面金額の35倍以上です。 150円は郵便料金として、使用されたあとのもので

1967年シリーズ 1円前島密

1967年シリーズ 1円前島密 色検知導入後 カラーマーク付き 100枚シート 消費税導入後、葉書料金が41円になった時、 一緒に貼って使われたので、機械印の使用例が増えています。 ⇒切手 買取プレミアム

500円金剛力士像

500円金剛力士像 普通切手の高額面の切手は、 高評価の切手が多いです。 この切手も、将来 評価額が上がる可能性があります。 4枚ブロックですが、持ち続けたい切手です。 ⇒切手 買取プレミアム

3円ホトトギス カラーマーク

3円ホトトギス カラーマーク ⇒切手 買取プレミアム カラーマーク カタログ評価 60円 額面金額の安い切手の評価は低いです。

7円 金魚

1967年シリーズ 7円 金魚 1967年8月1日発行 昭和42年発行 7円金魚のカラーマーク付きのシートです。 銘版付きの評価は カタログで80円 カラーマークの評価は700円。 後期の印刷分しか、カラーマークは付いていないため、
[プロフイール]
切手コレクター歴40年
昭和切手がメインです。
趣味はランニングです。
プレミア切手・レア切手は、 無料買取サービスで!!
カテゴリ一覧