国定公園

国定公園

1958~73年
昭和33年~48年

額面10円、15円、20円

2019年になった現在では、
発行後50年以上経った切手も増えています。
初期のものであれば、60年以上経っています。

未使用切手の評価は、1960年以前の切手では、
カタログ評価100円~240円のものもあります。

1960年以降の切手は、カタログ評価で100円以下。
額面か、それ以下の取引されるケースが多いです。

未使用での評価は高くない、国定公園シリーズの切手ですが、
使用済み切手については、額面より高い、プレミア価格で取引されています。



1973年発行 天竜奥三河国定公園 

東久留米50年2月7日櫛形印

最後に発行された国定公園切手です。

ごく普通の櫛形印の使用済みですが、高い値段で落札されることもあります。


発行から50年、60年経っている切手の使用済みの評価は、
今後も継続して、高値で取引されていくと思います。





木曾川 国定公園15円

木曾川 国定公園15円 この消印は、発行年翌年の昭和44年の消印です。 若干不鮮明なこともあり 額面の4倍程度の金額です。 オークションの場合、 落札額はばらつきがあります。

飛騨高山国定公園

飛騨高山国定公園 犬山城と木曾川 15円 発行日 昭和43年7月20日 発行枚数 17百万枚 昭和43年8月の使用済みです。 初期の使用例なので、10倍のプレミアが付いたのだと思います。
[プロフイール]
切手コレクター歴40年
昭和切手がメインです。
趣味はランニングです。
プレミア切手・レア切手は、 無料買取サービスで!!
カテゴリ一覧