和欧文機械印

和欧文機械印

【1期】1968年12月1日~1979年8月31日(E欄にJAPANの文字入り)
【2期】1979年9月1日~1990年9月30日(元号入り)
【3期】1990年10月1日~(現在使用のもの)

1期の使用開始時期
★1968年12月1日~ 東京中央局、日本橋局、芝局、渋谷局、新宿局、川崎局、
          横浜中央局、川口局、鶴見局、横浜南局の10局
         (横浜南局は港南局へ変更になり使用期間は1969年9月30日まで)

■1969年6月30日=神田局
■1969年7月10日=大阪中央局
■1969年8月4日=下谷局(日立式機械印)
■1969年11月15日=札幌中央局、仙台中央局、京都中央局、姫路局、神戸中央局、福岡中央局
■1969年11月18日=広島中央局
■1969年11月20日=新潟中央局
■1969年11月30日=名古屋中央局

1968年の使用例は一ヶ月。
69年の使用例も少ない郵便局があります。

探すと以外とないものです。

エンタイアなら難しくなくても、単片の満月印は希少になります。

私のオークションの落札結果を見ても、
和欧文機械印は高値で落札されたものが多いです。

210円はにわの兵士 横浜集中和欧文機械印

210円はにわの兵士 横浜集中和欧文機械印 新動植物国宝切手 1989年シリーズ 210円はにわの兵士 1989年6月1日発行 横浜集中和欧文機械印 1992年1月17日 状態の良い、和欧文機械印です。

70円能面 和欧文機械印 東京中央

70円 能面 和欧文機械印 東京中央 72年10月28日 18-24 新動植物国宝切手 1967年シリーズ 70円能面 1971年8月10日発行 東京中央 72年10月28日 18-24 和欧文機械印の使用済みです。

65円はにわの馬 盛岡和欧文機械印

65円はにわの馬 盛岡和欧文機械印 新動植物国宝切手 1967年シリーズ 65円はにわの馬  1967年7月20日発行 盛岡和欧文機械印 1971年12月7日の消印です。 昭和46年の使用例ですが、 速達料金は15円

70円能面 和欧文機械印 熊本中央

70円能面 和欧文機械印 熊本中央 新動植物国宝切手 1967年シリーズ 70円能面  1971年8月10日発行 和欧文機械印 熊本中央 最低落札金額の20円で落札しています。 昭和49年の消印で当時の70円は速達

500円伐折羅大将 和欧文機械印 世田谷

500円伐折羅大将 和欧文機械印 世田谷 新動植物国宝切手 1972年シリーズ 500円伐折羅大将  1974年11月11日発行 世田谷 和欧文機械印 1995年6月30日世田谷の和欧文機械印です。 枠の無いタイプの消

170円弥勒菩薩 和欧文機械印

170円弥勒菩薩 和欧文機械印 新動植物国宝切手 1980年シリーズ 170円弥勒菩薩  1981年1月20日 発行 渋谷和欧文機械印 昭和58年の和欧文機械印です。 印影が少しずれて入る分、安い落札金額です。 落札金額

65円はにわの馬 ?田 和欧文機械印旧字体

65円はにわの馬 ?田 和欧文機械印旧字体 新動植物国宝切手 1967年シリーズ 65円はにわの馬  ?田 和欧文機械印旧字体 神の字が旧字体の機械印です。 これがいつ頃まで使われていたのか ちょっとわかっていません。

平成切手 430円タチツボスミレ 和欧文機械印

平成切手 430円タチツボスミレ 和欧文機械印 平成切手  1994年シリーズ 430円タチツボスミレ  1994年4月25日発行 和欧文機械印 豊橋 平成9年 平成切手の高額面の使用例です。 和欧文機械印の使用例は増

500円伐折羅大将 和欧文機械印 京都中央

500円伐折羅大将 和欧文機械印 京都中央 新動植物国宝切手 1972年シリーズ 500円伐折羅大将 1974年11月11日発行 和欧文機械印 京都中央 最低落札価格は安かったのですが、 予想通り、競争入札が続き3

赤風神90円 和欧文機械印 千歳

1967年シリーズ 赤風神90円 和欧文機械印 千歳19.3.73 新動植物国宝切手 1967年シリーズ 赤風神90円 1971年12月1日発行 和欧文機械印 千歳 この切手も競争入札で10件入っています。 90
[プロフイール]
切手コレクター歴40年
昭和切手がメインです。
趣味はランニングです。
プレミア切手・レア切手は、 無料買取サービスで!!
カテゴリ一覧