プレミア切手 カラーマーク付き

プレミア切手 カラーマーク付き



普通切手のカラーマークは、1976年10月以降に製造された切手から付けられています。

新動植物国宝切手、1980年シリーズ以降の切手は当初より付いていましたが、
それ以前の発行の切手のシートには、カラーマーク無しとカラーマーク付きの
ふたつのシートが存在しています。

1967年シリーズ
1972年シリーズ
1976年シリーズ

あとから、カラーマークが付いた切手は
額面によっては、非常に少ない枚数しか無く、
1万円を超えるカタログ評価のプレミア切手になっています。

また、高額面の切手は
買いにくいことから、高値で取引される傾向があります。



画像のカラーマークの切手は、
額面+100円と送料185円で落札したものです。
現在、使われている切手ですが、
500円奥入瀬渓流切手のカラーマークが上下2セットあることが気に入り、
入札したものです。

[プロフイール]
切手コレクター歴40年
昭和切手がメインです。
趣味はランニングです。
プレミア切手・レア切手は、 無料買取サービスで!!
カテゴリ一覧